カスタムパーツに交換したときはノーマルパーツを残しておく

カスタム

大切な車を自分の好みでカスタムパーツへ変更することは、車好きならばチャレンジしたいことです。しかし、カスタムパーツへ交換したときには、外したノーマルパーツを保管しておくことが望ましいのはなぜでしょうか。カスタムパーツが破損した際にノーマルパーツを残しておけば、パーツ交換だけで応急処置を手軽に行うことができます。カスタムパーツは同じクルマに適合した交換可能な部品という考え方をすれば、立派な保守パーツとなるわけです。

一方、カスタムパーツへ交換後のノーマルパーツを残しておくもう1つの理由は、車そのものが中古車として転売できる品物という点にあります。購入した車を廃車になるまで乗り続ける予定ならば保守パーツとしてノーマルパーツを保管しますが、乗り換えのために中古車店へ車を売る際の査定にノーマルパーツの有無は影響しかねません。なぜなら、カスタムパーツは個人の好みでデザインや性能が分かれているので、中古車店が整備して次のオーナーへ転売する際にはノーマルパーツが無難だからです。

また、中古車査定を行う際には修理箇所の有無をネジやボルトの着脱痕跡で確認することが多いので、ノーマルパーツを残しておいて交換したと伝えれば査定額にさほど響きません。ノーマルパーツを保管していない場合には、無事故車であってもカスタムパーツの装着を修理痕としてマイナス査定の対象とする業者が少なくありません。車買取業者としてはなるべく安く購入したいと考えているので、指摘可能な箇所は査定時に確認して査定額に反映させるわけです。ノーマルパーツさえその場に保管してあれば、買取時にノーマルパーツへ戻せるという安心感を買取業者に持たせることができます。

カスタムカーの基本となるエアロには種類があった

ベンツフロント

カスタムカーにしようとした際には、エアロパーツを導入して独自色を出すことから始める人が多いです。なぜなら、エアロパーツは空力学的に有利となる設計が行われた自動車向けのパーツであって、エアロ化することで多くの場合では走行性能が上がると考えられるからです。では、エアロパーツさえ取り付ければカスタムカーの性能が上がるのでしょうか。ポイントとなるのは、何のためにエアロパーツを取り付けるのかという目的を見失わないことです。

エアロパーツを取り付けてカスタムカーに仕上げる際には、車全体の空気抵抗を空力学的に考えた上で設計された車種別の専用エアロパーツを取り付けなければなりません。高速道路での走行性能を引き上げるためのエアロパーツと、一般道を快適に走るためのエアロパーツではスピードレンジが異なるために求められる空力性能に違いがあります。また、スピードレンジが合わないエアロパーツを取り付けても、カスタムカーとしての見た目以外は性能面での変化がありません。

一方、エアロパーツの中には空力学的に優れた性能を持たない見た目重視に特化した製品があります。主に車をドレスアップするためだけに作られた装飾用のエアロパーツの存在は、カスタムカーを世界で1台だけの独特な見た目にしたいと考えている人に人気です。エアロパーツを取り付ける目的はオーナーにより様々であって、必ずしも走破性能重視でエアロパーツを取り付けるとは限りません。このため、性能アップとドレスアップのどちらの目的でエアロパーツを取り付けてカスタムカーにしたいのか、方向性を先に決めておく必要があります。

ペイントカー